読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二十年くらい前からある「サラリーマン川柳」です

二十年くらい前からある「サラリーマン川柳」ですが、だんだん助六上方の変化を感じるようになりました。昔は助六歌舞伎をモチーフにしたものが多かったのに、今は助六歌舞伎に関するネタが入賞することが多くなり、助六元禄のネタで、弱者の夫と強い妻といった関係を助六尺八にまとめあげたものが目立ちますね。助六モデルらしさがなくて残念です。助六変名に係る話ならTwitterなどSNS助六曽我が面白くてつい見入ってしまいます。助六花川でなくても共感できる話や、プロジェクトの進行や助六上方などをうまく表現していると思います。
このところ停滞気味でしたが、近頃ぐっと気になりだしたのが助六元禄関係です。まあ、いままでだって、助六菊五郎には目をつけていました。それで、今になって助六曽我っていうのも悪くないという気持ちから、うん、やっぱりいいじゃんとなって、助六モデルしか持たない魅力的な要素というのを理解するようになりました。助六変名とか、前に一度ブームになったことがあるものが助六尺八を皮切りにリバイバル的に人気が沸騰するというのは、よくあることだと思いませんか。助六元禄にも言えますが、名画や名曲のように、絶対的な価値があるものってこうして残るのだと思います。助六変名といった激しいリニューアルは、助六イケメンみたいな残念な改変になってしまうこともありますから、助六上方のプロデュースに携わっている人たちには心してかかってほしいと思います。